スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイジン オブ ネイクニア 2部

収容所についた勝田御一行

パックマン「ねぇ・・奥のほうが騒がしくない?」
勝田「ん?変だぞ?誰かが戦ってる!」

バッ 走り出す勝田
パックマン「勝田!」

廃司が倒れている。
勝田「廃司さん!?」
廃司「廃子様・・・害人が攻めて来て!早くッ・・信託を・・・我らは装備復活を信じて・・・グフッ」
・・・
勝田「・・・だめだ・・・ログアウトしたみたいだ」
にゃんちゅ「そんな・・・」

すたすた
パックマン「どこへいくの、にゃんちゅ!?」
にゃんちゅ「これも役目だから」
パックマン「さっきの話聞いてなかったの?奥には害人がいるんだよ!?」
にゃんちゅ「でも、信託を受けるのが、廃子である私の役目だから。」
勝田「・・・」
にゃんちゅ「大丈夫。これも試練だから・・・。ね?」
勝田「・・・俺もいくぜ!」
にゃんちゅ「いいの?・・・危ないよ?」

シュッ 勝田が手裏剣を構える
勝田「こいつは飾りについてるんじゃないんだぜ?それに、廃人の誓い第一番!平和な世界が生まれるように、皆で課金しよう だぜ!いこう!」
にゃんちゅ「うん?・・・ありがとう?」
パックマン「ま、待ってよ!僕もいくよ!・・・姉さんが心配だし」


害人A「ヒャッハー!汚物は消毒だあああああああああ!!!!」
害人B「廃子はどこだああああああああああああああああ!!!」
害人C「くぁwせdrftgyふじこlp;:@「」」
数人のプレイヤーが戦い、倒れていく
勝田「こ、これは・・・」
???「お前たち!」
にゃんちゅ「廃司長さま!」
廃司長「ここに来ちゃいかん!逃げるのじゃ!」
害人A「あん?お前が廃子だな?その命、貰い受けるぞ!」
勝田「くっそ害人め!!」
害人A「害人か・・・ではその憎い害人にLAとられるがいい。かかれ!」
害人数人「うおおおおおおおおおおお!!!」

キンキンキンッ スコッスコッ ドドドドドド
勝田「くっそ!POTが切れてきたぜ!」
パックマン「まずいよ勝田~;;;」
勝田「(ちくしょう・・・俺じゃ勝てないのか!?)」
害人A「うははは!死ねぇい!」
バシッ

害人A「ぐはああっ」
勝田「なんだ!?」
???「下がっていろ」
パックマン「こ、この人は・・・」
害人リーダー「まさか貴様が現れるとはな・・・一旦引くぞ!」
害人たち「ひいぃぃぃっ」

???「無事だったか」
廃司長「もしや、貴方が手配していた廃上げ支援の方では?」
???「そうだ」
廃司長「ありがたや・・・。収容所の試練には魔物も出ます故、なにとぞ」
奥へ向かう謎の男、にゃんちゅ、廃司長

勝田「ま、待ってくれよ!廃上げなら俺が行くよ!こんな得体の知らない奴に任せられるか!」
廃司長「勝田か・・・お前では心もとないのう」
勝田「ええええええええええええ!?」
???「!・・・・・・・お前は勝田というのか」
勝田「そうだけど、人に名前を尋ねるときはまずは自分から名乗ったらどうだ」
???「・・・私はリーフマン、傭兵だ(ログ見ろよks)」
廃司長「ではどうぞよろしくお願いしますじゃ」
リーフマン「では行くとしようか廃子よ」
勝田「俺も行くよ!」
リーフマン「足でまといだ。(DTHミスですぎ)ここでおとなしく待っていろ」
勝田「なんだと!?」
にゃんちゅ「あの・・・勝田も連れて行ってもらえませんか?」
リーフマン「何?」
にゃんちゅ「お願いします」
リーフマン「・・・勝手にしろ」
勝田「ありがとな、にゃんちゅ」
にゃんちゅ「ううん、急ご?早くしないと置いてかれちゃう」
勝田「そうだな!おら、行くぞパックマン」
パックマン「えぇー!僕もいくの!?」
勝田「当然!」
パックマン「やっぱり・・・」

収容所のさらに奥へ向かう御一行でした

              需要があればさらに続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

害人こわ

No title

とりあえず謎すぎる

No title

害人C・・・

No title

DTH当たらないのは敏捷無ブリだからだ(震え声)

No title

元ネタが分からんのだが、vipperは出ないのか?・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。