スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでもあると思うな親と金

【読み】 いつまでもあるとおもうなおやとかね
【意味】 いつまでもあると思うな親と金とは、独立心を養い、倹約を心がけよという戒め。
【注釈】 いつまでも親が面倒をみてくれるわけではなく、親はいつか死ぬものであり、あると思っていても金は使えばなくなってしまうという意味から。
人は誰かに頼る心を捨て、節約して生きていけということ。
【類義】 いつまでも無いと思うな運と災難
【英語】 It is too late to grieve when the chance is past.(好機を逃してから悲しんでも遅すぎる)
【用例】 「いつまでもあると思うな親と金だ、パッ〇マンはもう少し自立した将来設計を立てたほうがいい」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさにその通りやな
にゃんちゅう頑張って仕事見つけます

No title

不覚にもちょっとワロタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。